So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ

ジョン エヴァレット ミレイ展 [その他]

ジョン エヴァレット ミレイ展

3198155156.jpg

Bunkamura ザ・ミュージアムに8月末からやっていたジョン エヴァレット ミレイ展を見に行って来ました。
肖像画が多いのだけれども彼の肖像画は表情が豊かです。思わず、何を考えているのか、肖像画を書かれるモデルのその時の前後に何があったのか、想像(詮索と言った方が適切かな?)したい思いにかられます。
もちろん、今回のメインは「オフィーリア」。10年くらい前に一度日本に来ていますが、その時には見に行かれず、とても残念な思いをしました。なので、今回は友人に前売りのチケットを購入してもらい、見に行く事が可能になりました。
ご存知の通り「ハムレット」の「オフィーリア」です。悲しみにくれ、森を彷徨い、枝を取ろうとして、足を滑らし、川にドレスが浸かり、藻がドレスの裾を縛りつけ、人魚の様になったオフィーリアはそのまま足を取られ川に流されて行くシーンを描いたものです。森で紡いだ小花達がオフィーリアと一緒に流されて行きます。自分が死んで行く事にも気が付かず、祈りの歌を口ずさみ、その声も途切れ途切れになって行きます。

この絵は他の肖像画とは対称的に透き通る程に無表情です。諦めも希望もみじんも考えている事は伝わってこないのです。この時のオフィーリアは何も考えていないのでしょう。人が何も考えていない時(生きながら死ぬ)の表情を描く事くらい難しい事はありません。

まず、ミレイは徹底して風景を探し歩いて、風景を決め、何日もかかり、風景から描きました。
そして、家のアトリエに水の張ったバスタブを持ち込み、そのバスタブに何時間もの間、モデルを浸けて、何日にも渡って、デッサンを繰り返しました。モデルは本当に死にそうになったそうです。そして、最後に既に描いた風景にオフィーリアを書き込みました。なので、実際の川の流れは絵とは逆になっています。
nice!(2)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
その他 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。