So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

疎開した40万冊の図書  ドキュメンタリー映画 [映画]

2013年8月15日(木)

8月15日の終戦記念日に「疎開した40万冊の図書」リニューアル版を観てきました。
日比谷図書館文化館の日比谷コンベンションホール(大ホール) です。

「真実はわれらを自由にする」

真理はわれらを自由にする.jpg

ここからこの映画が始まる。

当時の日比谷図書館の館長が古書鑑定家と一緒に日本中の古書を買い取り、東京大空襲の前に多摩地域などに約40万冊の図書を疎開させた話。トラックで運んだりもしたが、都立一中の生徒はリュックサックに背負ったり、リヤカーに乗せて日比谷図書館からあきる野や埼玉のお寺などの土蔵に隠した。

ある日には雪が降り始め、リヤカーの車が取られ経堂までしか行かれず、小学校に置いて帰った。雪が止んだ翌日、何時間もかけて多摩まで運んだ。それはそれは大変な作業だった。

しかし、東京大空襲で都立のほとんどの図書館が焼かれてしまった。         館長は利用者に開館に拘っていた。戦時中であっても利用者が一人でもいれば利用者の為に開館していた。それで都立図書館にある図書の移動の機会を逸してしまった。それを館長は後悔した。

疎開した本は多摩から京橋図書館に移管されたが、京橋図書館は地下に書庫があり、台風の被害にも合った。

疎開した図書は貴重なものが多い。空海の直筆や伊能忠敬の地図などもある。今は都立中央図書館の書庫に所蔵されている。

終戦記念日に「この映画を観て良かった。」と、思うのと同時に「戦争は嫌だなー。」と、つくづく思いました。

「図書は私たちを作ってくれるもの。読書が私たちをつくる。」                            これが日比谷図書館の図書館員の魂のような気がします。

http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=1863


スパコン「京」の今後はどうなるの? 聞いてきました。

スパコン「京」の今後はどうなるの?
~スーパーコンピューター「京」を知る集い 特別版~
2013年8月24日(土) 14:00~17:00
伊藤謝恩ホール  東京都文京区本郷7-3-1東京大学内     3812201302.jpg

数年前、「京」は世界最速のスパコンだった。                      今年は4位。                                                 いくら説明を聞いても、良いものだなと、思うだけで、実際の生活への結びつきがイマイチ、ぴんと来ませんでした。でも、これからもスパコンの研究を続けていないと、日本は今後困る事になるだろうな…とは思いました。産業技術に生かすと言っていたけれど、普通の産業技術ならスパコンじゃなくても良い様な気持ちになるくらい解説が弱い感じでした。                            
http://www.aics.riken.jp/shirutsudoi/meeting15.html         下記はHPからの引用--                                  理化学研究所は、2012年9月に本格運用を開始したスーパーコンピュータ「京(けい)」について一般の方を対象とした講演会「知る集い」を開催しています。
 今回の「知る集い特別版」では「京」による成果や「京」の今後について興味・関心がある方々の参加をお待ちしています。この機会に、疑問に感じていることなどを直接聞いてみるのはいかがでしょうか?

続きを読む


台東区立石浜図書館 [図書]

台東区立石浜図書館

 http://www.taitocity.net/tai-lib/contents/library/ishihama.html

小さい図書館でしたが、蔵書が多く感じました。

閲覧する場所はなし。

大きな机はありましたが、椅子がない。

机も使う時はカウンターに申し出ます。

南千住から歩いて約20分。

浅草駅から歩いて35分でした。

バスに乗らないと遠いです。

 

歩いている途中で何度もスカイツリーがドーンと、見えました♪

 

3794201308.jpg

 

はじめての伝記えほん ナイチンゲール (講談社の創作絵本)

はじめての伝記えほん ナイチンゲール (講談社の創作絵本)

  • 作者: 斉藤 洋
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/06/29
  • 斉藤洋:文
  • 植垣歩子:絵
  • 伝記です。
  • 美しい絵本です。
  • 学校図書館の研修で使うために探したら、23区内でこの石浜図書館にしかありませんでした。

 


図書館戦争 [映画]

図書館戦争
図書館戦争.jpg

監督:佐藤信介
原作:有川浩
キャスト:岡田准一(堂上篤)、榮倉奈々 (笠原郁)、田中圭 (小牧幹久)
     福士蒼汰 (手塚光)、西田尚美 (折口マキ)、 栗山千明 (柴崎麻子)
     石坂浩二 (仁科巌)


スタート、間に合いませんでした…。なので、何で戦争になっているのかはあまり良く分かりません。

高校生の時に図書館隊に助けられた女の子(榮倉奈々)がその図書館隊にあこがれて、図書館隊に入隊しする。厳しい教官、デキル先輩、仲の良い友達と友に検閲にかかった本(資料収集による地域などの歴史)や自由を守る為に戦っていました。

もう少し、図書館について調べられていると面白かったのではないかと、思いました。図書館用語が少ない。


途中、『GANTZをまた観たいなー』と、思っていました。監督が『GANTZ』の監督なんですね。

恋愛が甘すぎた。私には。(笑)


榮倉奈々は相変わらず、可愛くて、足が長いなー。
岡田君が素敵でした。特にアクションシーン。

手塚が威嚇射撃をしているシーンがありますが、相手は同じくらいの年齢の男の子。

「戦争は嫌だなー。」と、思いました。

「真理がわれらを自由にする」
国立国会図書館の館内で観る事ができます。                           

真理はわれらを自由にする.jpg
国立国会図書館HP http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/shinri.html

http://www.jla.or.jp/portals/0/html/ziyuu.htm

「図書館法」 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO118.html

第二条  この法律において「図書館」とは、図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーシヨン等に資することを目的とする施設で、地方公共団体、日本赤十字社又は一般社団法人若しくは一般財団法人が設置するもの(学校に附属する図書館又は図書室を除く。)をいう。

第十七条  公立図書館は、入館料その他図書館資料の利用に対するいかなる対価をも徴収してはならない。

戦前の公立図書館は有料でした。図書館奉仕はまだまだなところはあるけれども、それでも、公立図書館を正しく使わないと、有料化されるかもよ(笑)

昨日は下高井戸シネマで観ました。
すごく良い映画館でした。
三軒茶屋の様になくならないでほしいと心から思いました。
以外と近いのでまた行きます。
明大前から歩いていくのも良いかも。
IMAG3800.jpg


明日は生涯学習論1 科目修得試験です(T-T)

IMAG3653-1.jpg


教科書全体を何度、読み返しても頭に入らない…(´д`|||)
教科書がラインマーカーだらけに…。
もはや、どこが重要か分からない…( ;∀;)


昨日から教科書全体を中教審答申の時系列を中心にに並べ直して、まとめています。
あと、少しで、終わります。

全体的に少しは分かったかもしれないけど、細かく理解しているかは不安…。


試験は家で、パソコンで、受けるので、ネットが切れたら…

デザリングなので、環境悪く、それも不安…。

まあ、とりあえず、頑張りますか。

終わったら、せたがやがやがや館に視察に行ってみますか。
http://www.setagaya.co.jp/gayagaya/

そのあと、近くの大橋図書館と目黒天空庭園でレポートの仕上げをやりますか!(^-^)


大橋図書館
http://www.meguro-library.jp/locations/ohashi-loc/
目黒天空庭園
http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koen/tenku/
前の5件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。